ウォーターサーバーでミルクづくりが楽になり、そしてモチモチのご飯が炊けました

私はクリクラのウォーターサーバーを使っています。きっかけは二人目の子供が生まれたのをきっかけに、ミルクに使うためです。

ウォーターサーバーなんて大きすぎて邪魔になる

以前、赤ちゃんが生まれた友達の家を訪れたときに、ウォーターサーバーが置いてありました。その時の感想は狭い家にわざわざウォーターサーバーを置かなくても日本の水道水は飲料水としても十分使えるし、お水を買うなんてもったいない、そしてなんと言っても邪魔になるものを置かなくていいのに、と思いました。またウォーターサーバーを置いていると電気代がかかるし、そこまで水にこだわる必要はないのではないかと、ウォーターサーバーのメリットというのが全く分かりませんでした。

赤ちゃんのミルクに試しに使ってみる

一人目の子供の授乳期はペットボトルに入った赤ちゃん用のミルクの水を買いに行っていました。しかし買い物のたびにお水を買って持ち帰ることは手間だし重いし、そして赤ちゃんの水を絶対に切らしてはいけないため在庫管理が大変でした。水を買う日には歩いて買い物には行けず、車で行かなければならないため、車が1台しかない我が家は休日に車を使って水を大量に買っていました。

二人目の妊娠中に友達と会って話したとき、ウォーターサーバーが赤ちゃんのミルクの水に大変役に立ったということを聞きました。水を買いに行かなくても配達してくれるし、サーバーからは水とお湯が出るので簡単に適温のミルクを作ることができます。そしてたまたま産婦人科の母親学級でクリクラのウォーターサーバーの6本無料お試し券がついていたので、無料だからという理由で試しに使ってみることにしました。6本の無料お試しが終わったら解約するつもりでいました。

子供が生まれてからは友達から聞いていた通り、ウォーターサーバーが大変役に立ちました。赤ちゃんが泣いていてもすぐにミルクを作ることができるし、買いに行かなくても届けてくれるということが一番のメリットでした。そして6本の無料分を使ったら解約するつもりでいたのですが、継続して使うことに決めたのです。

モチモチのご飯

ウォーターサーバーを宅配してくれる担当の方が、ご飯を炊くときの水にウォーターサーバーを使うとモチモチのご飯になることを教えてくれました。試してみると、本当にふっくらもちもちのご飯が炊けて、家族にはお米が違うのか?と質問されたくらいです。水だけでこんなにご飯の質が変わるなんてびっくりです。ウォーターサーバーの水を使うのを忘れてご飯を炊いた時には家族には不評でした。よってミルクづくりだけでなく、ご飯を炊くときにもウォーターサーバーが手放せなくなってしまいました。お水を買うなんて贅沢だと思いましたが、実際に使ってみてそれだけの価値は十分にあります。

ウォーターサーバーは重宝します

アクアクララのウォーターサーバーを導入して早くも10年が経過しますが、我が家では生活に欠かせない必需品になっています。我が家のウォーターサーバーについて紹介します。

常に冷たい美味しい水

ウォーターサーバーからは冷たいお水と温かいお水も出てきます。特にこれからの暑い夏の季節に、ウォーターサーバーから常に冷たい美味しい水が即時に出てくるのは大変便利です。例えば、家に帰ってからの冷たい水を一杯をぐいっと飲む、ウイスキーや梅酒を冷たい美味しい水で割ってぐいっと飲む、といったシチュエーションをウォーターサーバーは創り出してくれます。

非常用の常備水として

東日本震災では長時間停電となり、その影響でマンションの水道もポンプが起動できず、ストップしました。この時、すでにウォーターサーバーを導入していましたので、飲料水には困りませんでした。ストックも30リットルありましたので、とても助かりました。このように、ウォーターサーバーは緊急時の常備水の備蓄として大きな役割を果たしてくれましたし、この時からウォーターサーバーは必需品という意識が高まりました。

気になるのはランニングコスト

ウォーターサーバーのランニングコストは非常に気になりますよね。我が家のウォーターサーバーは手で蛇口を押すタイプです。ボタンを押して電気の力で水が出てくるものもありますが、停電時には水が出てこないことや、メンテナンスの費用を考え、手で蛇口を押すマニュアルタイプにしていますが、それでも水を冷やしたり、温めたりするには電気を利用します。

おおよその電気代は月で100円くらいであると思います。できる限り陽が直接当たらない箇所に置くことがコツです。さらにウォーターサーバー本体の利用料ですが、我が家はレンタルであり、またキャンペーン期間中に入会したため、月々のレンタル費用はかかっておりません。但し、1年に1回はサーバーメンテナンスで新しいものと交換してもらえます。

その際には1050円かかりますが衛生面ではとても良いと思います。問題は水の注文にかかる費用や最低注文本数(ノルマ)だと思いますが、ノルマは特にありませんが注文する時は3本以上で注文する仕組みとなっています。夏の暑い季節には3本はすぐになくなりますし、冬場は消費量が少なくなるのは否めませんが、3本以上の注文で特に困ったことはありません。

1本の値段は12Lで1200円(宅配料、消費税込み)ですので1Lの水を100円で宅配してもらえることを考えると、便利ですし、安いと思います。